完母のママさん必見!空腹感を感じた時にお腹を満たす方法

妊娠、出産を経て、ほっと一安心と思っていたのに現実はとても忙しいですよね。赤ちゃんが寝てくれなくて泣くたびに授乳していて、気が付けば時間がたっているという方も多いでしょう。

 

さほど動いていないのに、何故かとってもお腹がすくんですよね。特に、完全母乳のママは一日中赤ちゃんと授乳に時間と体力を消費することでしょう。

 

夜中も何度も起こされて、お腹がグーグーなっているけれど、体重も気になるし食べたいだけ食べるのは気が引けると思っているママの空腹の悩みを解決しましょう。

 

水分補給で空腹を紛らわす!

 

母乳の88%は水分でできています。お腹もすくけど喉も渇いていませんか?

 

お腹がすく度に食べるのではなく、まずは水分をとるようにしましょう。夜中であれば、枕元にペットボトルを置いておいて授乳で起きたときに飲んでみましょう。

 

麦茶やお水であればカロリーも気になりません。また、朝も温かいお茶やホットレモンなどで身体を温めることも母乳がよく出てお腹も満たされて一石二鳥です。

 

食べるなら母乳に良いものを!

 

水分を飲んでばかりではトイレも近くなり大変なので、おにぎりをオススメします。お米は母乳にとても良いです。

 

沢山食べれば太ってしまうかもしれませんが、小さめのおにぎりをいくつか作っておいて、すぐに食べれるようにしておきます。これなら赤ちゃんがいて、なかなか手が離せないママも気が楽ですよね。

 

おにぎりは小さめに作るのがポイントです。お腹がすいたら小さいおにぎりをなるべくゆっくり食べてください。授乳しながら片手でおにぎりでも良いと思います。

 

一度に大きなおにぎりで沢山食べるよりも、小さいものをゆっくり何度かに分けた方が満腹感もあります。

 

まとめ

 

授乳中のママは、母乳のことを考えて食事をとりましょう。
お腹がすくのも授乳を頑張っている証です。

 

空腹とうまく付き合うために、おにぎりや水分を摂りましょう。お菓子が食べたいときは、小さめのホットケーキを冷凍しておくと便利です。

 

離乳食が始まった頃には、赤ちゃんと一緒におやつにホットケーキをチンして食べるのも楽しいですよ。