骨盤矯正をしながら運動やトレーニングも実践してよいのか?

産後、誰もが妊娠前のスタイルに戻りたいと願っていますよね。開いた骨盤をもとの位置に戻したいからといって、すぐ骨盤矯正を行うママは多いのではないでしょうか。

 

雑誌などで出産準備グッズとして、骨盤矯正用のリフォーム下着や骨盤矯正ベルトがセットに含まれています。骨盤矯正をしながら産後のダイエットを行っても良いものなのでしょうか。

 

骨盤矯正をしながらダイエットしても良い?

 

産後、のびきって垂れてしまったお腹のお肉も気になるけれど、なんだかスタイルが悪いと感じるのは出産で骨盤が歪んでしまったからかもしれません。骨盤を正しい位置に戻すことがスタイルが元に戻る第一歩です。

 

しかし、お腹についてしまったデロンとしたお肉は骨盤矯正だけでは無くなりません。やはり運動をしてダイエットする必要があります。

 

運動には有酸素運動と無酸素運動があるのですが、基礎代謝を上げるには、短距離ダッシュ、筋肉トレーニングなどの無酸素運動がオススメです。

 

しかし、産後太りの場合は激しい運動は難しいですよね。今、ついているお肉を減らしたい!そんなママには有酸素運動がオススメです。

 

有酸素運動のウォーキング、早歩き、スイミングなどは自分のペースで行うことができます。子供さんと一緒に少し遠くまで歩いてみるならできそうですよね。

 

骨盤矯正をして身体の土台を正しくして、お肉は運動で減らすのが効果的です。

 

産後ダイエットで気を付けることは?

 

妊娠中についてしまったお肉を減らすには産後半年までが勝負だと言われています。すぐにでもダイエット開始!といきたいですが、産後1か月は赤ちゃんもママも安静にすることが必要です。

 

産後1か月して、体力が回復してから徐々にダイエットを開始しましょう。授乳があるママは食事内容を見直してカロリーに気をつかいましょう。

 

まとめ

 

妊娠前のスタイルに戻るためにも、骨盤矯正に加えてのダイエットは効果ありです。ただし、産後1か月は安静にして過度な運動も厳禁となります。

 

出産後すぐに骨盤をしめるようにして、1か月は安静にしつつ、食事内容を見直して過剰なカロリー摂取は控えましょう。体力が回復してから、赤ちゃんの様子をみて一緒に公園までお散歩するのを日課に取り入れてみるのも良いでしょう。