産後かなり時間が経過したが下腹ポッコリは解消できるのか?

産後かなり時間が経過したが下腹ポッコリを解消するには?

 

産後、体重は減ったのに、下腹のポッコリがどうしても無くならないと悩んでいませんか。このお腹のお肉がなくなれば、パンツスタイルも決まるのに……。とガックリしているかたもいるでしょう。

 

お腹が出ているか、出ていないかで選ぶ服も変わりますよね。ママになっても着たい服を着たいという願望はあるはずです。

 

産後、時間がたったからもう無理とあきらめずに、お腹のポッコリを無くしてみませんか?今回はポッコリお腹の解消法について書いていきます。

 

なぜ下腹ポッコリが無くならないのか

 

下腹のポッコリは骨盤周りの筋肉の緩みによって、内臓が下がってしまっているのが原因かもしれません。妊娠中に、大きなお腹を抱えて歩くときに重心が後ろに傾いてしまいがちですよね。

 

産後もそのような体勢や、逆に猫背でいると骨盤が歪んでしまいます。赤ちゃんを抱っこして歩くときなども、鏡で自分の姿勢をみて見直して見てください。

 

筋肉の緩みを鍛えるためには、スクワットや階段の上り下りなどで鍛えることができます。これならスーパーなどでエスカレーターを使わずに、階段を使ってみるなど赤ちゃんが一緒でもできそう。

 

骨盤矯正などで骨盤を正しい位置に戻して、プラス筋肉の緩みを鍛えることで内臓が正しい位置に戻ると下腹スッキリするでしょう。

 

産後時間がたってしまったけれど効果あるの?

 

骨盤矯正は産後3か月まで、妊娠中についてしまった脂肪燃焼は産後半年までが勝負と言われています。もう、半年以上経ってると諦めるのはもったいない!

 

骨盤矯正も下腹ポッコリも時間が経っていても改善できます。ただ、骨盤ベルトをするだけでなく、一緒に運動を行うことで効果があります。

 

赤ちゃんが少し大きくなって、一緒におでかけもできる今だからこそ、ちょっと長めにお散歩してみたり、おでかけして運動してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

下腹ポッコリは、いつになっても改善の可能性はあります。時間が経ってしまっても、あきらめずに日ごろから正しい姿勢で、運動を行うことが効果的だといえるでしょう。

 

ポッコリお腹を解消していくつになってもオシャレを楽しんじゃいましょう。